やいとの想い出掲示板



カテゴリ:[ 告白・裏話・体験談 ] キーワード: やいと お灸 しつけ


466件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[1016] 愛読者様

投稿者: nao 投稿日:2017年 7月20日(木)14時11分49秒   通報   返信・引用

 出雲地方は大きなやいとを据えるのですねぇ・・・・
私は四国の愛媛出身ですが、年齢的には10歳ほど若いぐらいで、まもなく還暦です。

でも、私の子供の頃は癇のヤイトも治療も何でもヤイトでした。
しかし、今では1cmぐらいの痕で、500円玉に近い大きな痕はわたしはありません。
での、友達の尾てい骨の上は確かに10円玉より大きな痕が3か所とかにある子もいました。
幸いに私はチリゲにはありませんが、多くの子はチリゲにも据えられた痕を見ました。

腎癒や肝兪などから腰に向かって据えられた記憶があります。
6つ灸とか8つ灸とかだと大人になってからわかりました。
健康のために据えられるのと、お仕置きや言うことをきかなっか罰のやいとも同じ痕なので
区別はつきませんが、11か所痕があると主人に言われました。

特に意味はありませんが遠い子供の頃に据えられた記憶です。




[1014] Re: 思い出しています

投稿者: 灸痕マニア 投稿日:2017年 7月19日(水)00時29分18秒   通報   返信・引用 > No.1012[元記事へ]

愛読者さまのお話を興味深く、拝読させて頂きました。愛読者さまのお姉様2人のやいとの痕から察するに、昔ほど、やいとのお仕置きは厳しかったように思います。身柱(ちりげ)のやいとは、余りにも目立つ場所にあるため、据えるのを避けられたのだと思います。その代わりに、命門からお尻よりに5箇所にたっぷりお仕置きのやいとをお据えになったのだと思います。しかし、通常、命門やお尻のやいとは身柱に比べると、すこぶる熱く、とても厳しいお仕置きであったと思います。白い肌に深く刻まれていたとのことですが、かなり大きな艾を白い肌に乗せ、線香で着火して後、やいとの火が肌を焼く間は、耐え難い熱さを経験されたと思います。お尻のやいとは、痕が大きくなっても比較的目立たないため、凄く熱いやいとを据えて、躾けてもらわれたのだと思います。昔の親は子供の躾には本当に厳しく、容赦なく熱いやいとを子供に沢山据えました。私の母も、幼い頃は本当に厳しくやいとで躾けられたようで、背中から腰、お尻にかけて、11箇所の大きなやいとの痕が残っていましたが、母の場合は、命門の下に横3つ、更にその下に横3つのやいとの痕が残っていましたが、やいとの痕の部分は白く変色し凹みを帯びておりましたが、やいとの痕の周りは、真ん丸く縁取りされたようになっており、やいとの痕特有のとても美しい痕が並んでいたのを、今でも鮮明に記憶しております。愛読者さま、又島根のやいとのお話をいろいろとお聞かせ頂けるのを楽しみにしております。やいとむすめさま、この掲示板に、愛読者さまのような方に、今後もどしどし書き込み頂けたらありがたいですネ!また、書き込ませて頂きます。





[1013] Re: 愛読者さま

投稿者: 管理人 投稿日:2017年 7月18日(火)20時59分18秒   通報   返信・引用 > No.1012[元記事へ]

以前の投稿で削除したものもありますが、数からいってもそんなにありません。
ふさわしくないもの、関係のないもの、あるいは著しく刺激的であったり、見苦しいものがその対象です。
灸痕マニアさまの書き込みは、一度も削除していません。
ただ、管理人が認識しない前に、投稿者が自ら削除されたことがあるかも知れません。

他のサイトで、若いきれいな方の大きなやいとの痕が掲載され、その後削除された場面に出合い、私も是非拝見したく思ったことがありましたが・・・。

私は「Q太さん」に大変お世話さまになったのですが、ここでは「灸痕マニアさま」が大黒柱、一番頼りにしています。
愛読者さまも、良き想い出話、これからもよろしくお願いいたします。



[1012] 思い出しています

投稿者: 愛読者 投稿日:2017年 7月18日(火)15時37分56秒   通報   返信・引用

灸痕マニアさん、島根県の熟女の話、楽しく拝読させて頂きました。私は4人の兄弟姉妹です。長姉とは10才、次姉とは7歳そして兄とは4才違いです。姉2人のお仕置やいとを据えられている所を見た記憶がありません。あるいは忘れているかもしれません。ただ、やいとの痕は一緒にお風呂に入った時によく見ました。それは身柱とか背中にはなく、マニアさんも書かれていましたが命門、その少し下、そしてお尻の割れ目の少し上、横並びに3つあり合計5個です。大きさは5個共500円玉より少し小さい位であったと思います。かなり大きいです。2人の姉は全く同じ場所で、白い肌に深く刻まれていました。電灯の光が当たるとピカツと反射していました。我が家では1個の上に10壮位据えられていました。それをお仕置やいとで年に3~4回は据えられていましたので痕は大きく深いものになったと思います。それからピンクサロンですが私が20才台中頃、まだ土曜日出勤していた頃です。昼食を済まし4人で麻雀をし、夜7時頃池袋にある水着サロンへ4人揃って行きました。店内は暗くはなく、椅子は2人掛けそれぞれバラバラになりました。初めての店でしたので指名もなく座っておりますと21~23才位の中肉中背、丸顔で笑顔の可愛い娘がついてくれました。お気に入りでしたので。話ははずみました。そのうち照明がさらに明るくなり前のフロアーでチークタイムが始まり私共も踊ることにしました。席を立つと彼女が私の前を歩くことになり背中が丸見えになりました。その背中には、やいとの痕が3つありました。珍しい場所でした。大きさは10円玉位、そんなに深くはなく真ん丸で照明に反射されていました。身柱の2㎝位右横、背中中央より少し下の2㎝位左横そして命門のかなり下で背骨の上です。パンツの下は見ておりませんので分かりません。今ですと見たり、聞いたりしますが残念です。この据え方は見たことはありません。私はほとんど男友達ですが。そして残念な事がもう1つ私が読んだこの掲示板は半分程度、あとはすでに消去されその中には若くて可愛い女性のやいとの痕のある写真が載っていたとの事残念です。それでは又。



[1011] 灸痕マニアさま・・・

投稿者: やいとむすめ 投稿日:2017年 7月15日(土)22時14分37秒   通報   返信・引用 > No.1009[元記事へ]

灸痕マニアさま、ご無沙汰しております。
お元気にお過ごしの様子、何よりでございます。
久し振りに書き込みを読ませていただき、お元気であり、このサイトもご覧になっておられたことが分かり安心いたしました。
当方のことまで、お気にかけていただいており、ありがたく思っております。

これまでも、灸痕マニアさまの書かれた内容を幾度も読み返しては、感慨に耽っておりましたが、先日丁度1年ほど前に私が書きました「881」ふみこさんのやいとの様子、そしてそれに応えて「883」で灸痕マニアさまのコメントを読んでみました。
順子さん、喜美枝さん、小百合さんなど、きびしいやいとを読ませていただき私も、昔の記憶に残るあの文面をかくことができました。
灸痕マニアさまも心を動かしていただいた様子でしたので、大変うれしく思っておりました。

いまや、あの「ふみこさん」も80歳近くになられたろうと思います。
もしどこかでお会いできるなら、あの当時の様子を伺ってみたいものです。
中学を出られてすぐ、お行儀のやいとが大変厳しくなられたようでした。
あの当時は、本当にやいとのしつけは、きびしいものでしたね。



[1010] 懐かく思います!(続き)

投稿者: 灸痕マニア 投稿日:2017年 7月15日(土)16時48分20秒   通報   返信・引用

丹波や但馬の国も昔はやいとがとても盛んで、子供の躾にはやいとはなくてはならないものであると、親は皆考えていたように思います。同じ山陰地方である島根県もとてもやいとが盛んであったようで、当時の子供たちはちょっと悪さをすると、「この子、またちりげ(疳の虫)が出た!」と言っては、背中(ちりげ)と腰(命門)にやいとを据えられたようです。やいとを据えると、必ず判を押したように真ん丸い痕がしっかり残り、この子は、親から子供の頃、厳しいやいとのお仕置きを受けたことがすぐにわかり、恥ずかしい思いをされた方が多いと思います。私は、夏、よく島根県に旅行に出かけましたが、行く度にちりげに大きなやいとの痕が残っている熟女をよく見かけたものでした。丹波地方でも大きなやいとの痕のある女性は沢山見かけましたが、島根県の熟女のやいとの痕の大きさは格別で、ちりげに鮮明な大きなやいとの痕を刻まれている方をよく見かけたものでした。これらの女性には、腰(命門)にも大きなやいとの痕が残っているのは、ほぼ間違いないと思います。(当時は、通常ちりげと命門はセットでお仕置きのやいとを据えられることが多かったと思います。)島根出身のピンクサロンの熟女が、教えてくれました。小学校の頃、とても悪でしょっちゅう母からお仕置きのやいとを据えられた彼女の友達の中に、お医者さんの娘さんがおられたようです。娘さんは、彼女と違って育ちの良いせいか、とてもお淑やかで、素直で性格の良い方であったようです。彼女が言うには、この娘さんにも大きなやいとの痕がちりげと命門にあったようです。この娘さんのお婆さんがとても厳しい方であったようで、この娘さんは幼い頃から、1ヶ月に1回程度、行儀のやいとの時間があり、その時に沢山やいとを据えられたようです。お婆さんは、病気を治すのは薬だけど、子供の躾はやいとに限ると考えておられ、ちりげの両側にも1つづつやいとの痕があり、命門から3cmぐらい下がった所(お尻)にも3つ痕が並んでいたようです。性根を入れるためのやいとを7箇所に最低10壮づつ据えることになっていたようで、その習慣は、中学校を卒業するまで続いたようで、とても素直で思いやりがあり、美しく気品のある娘さんでしたので、人は皆羨むような良家に嫁いで行かれたとのことでした。一度で良いから、この娘さんの背中から腰、お尻に仕上がった大きなやいとの痕を見てみたいものです。びっくりするぐらいに大きな痕が残っていると思います。




[1009] 懐かしく思います!(Re:)

投稿者: 灸痕マニア 投稿日:2017年 7月14日(金)23時54分25秒   通報   返信・引用

灸痕マニアと申します。久し振りに島根県ご出身の方のお話を聞かせていただき、ありがとうございます。
出雲と言えば島根県ですが、島根県はほんとうにやいとが盛んであったようです。私が性感豊かであった若き頃、当時流行だったピンクサロンによく通いました。2回目からはお好みの女の子を指名できたのですが、私はともかく熟女好みでして、グラマーな体系の40~50歳代の熟女を指名したものでした。薄暗い席に案内され、席に座って暫く待っていると、指名した熟女がやってきました。体は触り放題でしたが、肌の色等は暗くて全く見えなかったため、サービスで懐中電灯を持ってきてくれました。「貴女の田舎は、どちらですか。」と尋ねたところ、「島根県の田舎育ちなんですが、成人してから大阪に出てきて働いています。」と答えてくれました。島根県と聞いたとたん、私の脳裏に「ひょっとするとやいとの痕が見れるかもしれない。」という期待感が走りました。幸い上半身裸、パンティーのみになってくれましたので、懐中電灯を背中から腰の辺りまで照らし、やいとの痕が残っていないかを観察しました。予想は的中し、身柱(ちりげ)と命門に大きなやいとの痕が残っているのが分かり、全身に凄い興奮が走り、ペニスは射精せんばかりに大きくなり、硬直しておりました。特に命門の痕がすこぶる大きく、何回も大きな艾を乗せてやいとを据えられた為か、凹みを帯び、ケロイド色に変色していました。「凄く大きなやいとの痕があるのね!」と聞くと、彼女は、「ええ、そうなの、私の場合、相当な悪だったようで、小学校を卒業するぐらいまでは、母に何回となくお仕置きのやいとを据えられたの。小学校の間はしっかりやいとを据えて、性根を入れて置かないとネ!と言われ、容赦なく据えられたわ。オンオン泣きても、泣いても絶対に許してくれなかったの。命門のやいとは特に熱いことを母はよく知っており、しっかり反省するのよと言いながら、大きく丸めた艾を乗せ、強烈に熱いやいとを据えられたのヨ!」と答えてくれました。彼女は、中学校に入ってからは今度は、定期的に行儀のやいとを据えられるようになったようで、なかなかやいとからは縁が切れなかったことを、切ない面持ちで話してくれ、彼女が少し可哀そうに思いました。やいとむすめさま、お久し振りです。今日は久しぶりに書き込ませて頂きました。





[1008] 友人達

投稿者: 愛読者 投稿日:2017年 7月12日(水)15時09分51秒   通報   返信・引用

高校生まで出雲で過ごし、その後上京し4年間の学生生活そのまま東京で就職、そして65才定年退職し、現在68才の男性です。定年後は出雲に友達が多く年2回は帰省しています。後ろに伯耆大山、前に日本海近くには宍道湖、中海いいところです。温泉地も多く5月の連休に友達9人で皆生温泉へ1泊で行きました。男4人、女5人です。久し振りです。夜明けまで存分に話しました。その時、女の1人がこの掲示板のことを話題にしました。盛り上がりました。そもそも私の町では「やいと」は日常的なもの。大人は養生、子供は行儀、お仕置と当たり前にありました。私の家庭も仏壇の引き出しに「艾」はあり、切らしたことはなかったと思います。私も小学5年生まで、祖母と母、母と姉にお仕置やいとをされました。仏間でうつ伏せにされ、裸にされ押さえ付けられ、大泣きでした。「やいと」はよく据えられたので、今でも触ると大きく引っ込んでいるので
よく分かります。痕は3っつです。10円玉より少し大きいです。命門、その下、お尻の割れ目の少し上です。兄弟姉妹4人全員「やいと」のお世話になっています。さて、男3人の「やいと」の痕、数、場所、大きさはお風呂に入った時など見ますので分かっています。女性は全く分かりません。聞いていますと5人全員お仕置やいとを据えられたと言っていました。4人は中学生まで据えられ、又、祖母、両親に度々据えた事があり据えるのは好きだと言っていました。女性には「やいと」の大きさ、場所、数等、具体的には聞けませんでしたのでお正月帰省した時に聞こうと思っています。それでは又。



[1007] 淀君のやいと

投稿者: やいと 投稿日:2017年 7月 8日(土)20時45分2秒   通報   返信・引用

豊臣秀吉の茶々に宛てた手紙が発見されました。
内容は嫌いなきゅうをたくさんすえたがよく我慢して偉かった。
流石は秀頼の母だというものです。
茶々は体が弱かったのでたくさんやいとを据えたそうです。



[1006] ホタル

投稿者: K 投稿日:2017年 5月30日(火)06時46分31秒   通報   返信・引用

今日も暑くなりそうですね。もうすぐ6月、そろそろホタルが観られる時期ですね。
我が家は年中、少し暗くした部屋でお線香ホタルが飛んでいます。
それがもぐさに停まると・・・・・


レンタル掲示板
466件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.