やいとの想い出掲示板



カテゴリ:[ 告白・裏話・体験談 ] キーワード: やいと お灸 しつけ


455件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[1004] Re: お線香

投稿者: K 投稿日:2017年 5月23日(火)07時04分7秒   通報   返信・引用

お線香の香り・・・・いいですね。
お仕置のやいとは、私の家では母に捕まり押さえられてパンツを膝まで下げられて畳にうつ伏せで押さえつけられます。
その間に祖母がマッチを擦ってお線香に火を点けます
押さえられているのでもぐさをお尻に載せられるのも見えません。お尻に母の指が触れたのはわかります。
マッチを擦るのもお線香に火を点けるのも見えません
ただマッチを擦る音とお線香の香りはよく分かります。  この時間が今は最高に好きです
やいとのときはマッチじゃないとダメですよね
昔、灸院のおばさんに据えて貰った時もライターではなくマッチを使って貰いました




[1003] お線香

投稿者: Achichino 投稿日:2017年 5月19日(金)12時56分32秒   通報   返信・引用

仕事で奈良へ行きました。ついでの折にいくつか寺院を見学しました。
なかでも、静寂の中に凛とした佇まいの唐招提寺に感銘しました。絵葉書
でもと思い売店へ入りました。2,3歩中へ入った時、ぼくの眼はある物に
引き付けられてしまいました。レジ脇に置かれたお線香です。

お寺にお線香が売られているのはなんの不思議でもないのですが、そのお線香の
香りが実にすがすがしいのです。
「ああ、このお線香で、ヤイト据えたらどんなにか素晴らしいだろうーーー」
という思いにとり憑かれて、ぼくは一ケース買いました。なにしろ、今使っている
線香は百円ショップの粗悪品で、すぐ折れてしまうのです。

以前この掲示板に、お線香の匂いをかいだだけで、ヤイトのことが思い出されて、
気持ちが高ぶってしまう、と書き込まれた方がいました。その方の気持ち、とっても
良く分かります。マッチの音が「しゅっ」として、お線香の香りが部屋に流れると
胸がキューンとしてしまいます。



[1002] 御免なさい

投稿者: お灸 投稿日:2017年 5月13日(土)18時25分4秒   通報   返信・引用

K  様
投稿文削除されたのですね。
私がいちいちかか割ったからでしょうね。不愉快、気を悪くされたこと、謝ります。すいませんでした。ごめんなさい。これからは静かに拝読させていただきます。これからも投稿お願いします。



[1001] ひとつやいと

投稿者: ななえ 投稿日:2017年 5月 8日(月)09時24分7秒   通報   返信・引用

去年、おばあちゃんの付き添いで高岡のひとつヤイトへ行きました。大勢の人が来ていました。
お寺の本堂へ上がった時、おばあちゃんが「あんたも据えたらどうや」と言うので、据えてる人
見たらけっこう若い女の人もいたので、「そうやね」と言って、おばあちゃんの隣に座りました。
もぐさは小さくて、ちりちりとしただけで終わりました。
私の場合、自分が納得して据えたのですが、嫌がるのを押さえつけて、むりむりやいとされるのは
ぜ・っ・た・いいや。ゆみさんが可哀想!! ちなみに痕は消えています。22歳です。



[1000] Re: 訳なしのやいとゆみさんへ

投稿者: やいとむすめ 投稿日:2017年 5月 7日(日)21時12分25秒   通報   返信・引用 > No.999[元記事へ]

ゆみさん、やいと熱かったでしょう、それにやいとの痕、恥ずかしいですよね。
いまどき、お若いのにお可哀想に同情します。
私の場合は、背中に据えられたことは無いので水着も大丈夫でしたが、同年輩で背中にやいとの痕が有る方は絶えず恥ずかしそうになさってましたね。
ゆみさんの場合、どうしたらよいのでしょうね。

ゆみさんは、20歳になられて初めてのやいと、しかもお仕置きでもなく可哀想でしたね。
私は昭和20年生まれで、周りもみんなやいとで躾けられ、お仕置きはやいとに決まっていました。
高校生になると、お仕置きで据えられることは少なくなりましたが、その代りおなごのしつけ、お行儀のやいととして今までの腰の殷の目やお尻に大きなやいとを据えられた後仕上げにお膣周りへも据えられたんですよ。
更に会陰という、一番熱い所にも据えられました。
結局20歳の誕生日を迎えた翌年の成人式に「止めのやいと」を据えられて漸くやいとを卒業させてもらいました。

みんながみんなそうではなかったと思いますが、私と同じような思いをなさった方も数多くおられたように思います。
結婚して主人は私のやいとの痕をいつも優しく愛撫してくれました。
男の方は恐らくみんな?やいとの痕が大好きだそうですよ。
ですから、ゆみさんどうかやいとの痕を見られること、見えてしまうこと、恥ずかしいでしょうがゆみさんのチャームポイントだと思ってくださいな。
ゆみさんのやいとの痕をご覧になって、大好きになられた方、きっとゆみさんを幸せにしてくださると思いますよ。
どうかお幸せになってくださいね。



[999] 訳なしのやいと

投稿者: ゆみ 投稿日:2017年 5月 6日(土)12時19分28秒   通報   返信・引用

お灸に興味ありましてネツトを見てみました。随分興味おありの方が、おられるんですね。子供のころのお仕置きやいとですよね。お聞きください。私は、25歳の未婚女性です。20歳の時に母親がおばあちゃんにやいと据えて貰っていました。ゆみも一度やいと据えとこかと言われ拒みましたが、無理やり馬乗りでおばあちゃんと二人して訳なくやいと据えられました。お風呂で鏡で背中見ますと、ちりげに一個その下に左右に一個ずつ3段計7個1円玉くらいの痕がついてます。恥ずかしくて海にも行けない。彼にも嫌われそうで背中見せれない。こんな体にした母親を恨
みます。20歳代でやいと据えられた経験のある方、お聞かせください。実話です。



[998] 谷九の無量寿さん

投稿者: Achichino 投稿日:2017年 5月 1日(月)10時51分55秒   通報   返信・引用

10年以上前の無量寿さんを知っている方はびっくりすると思います。
ヤイトの部屋がとっても小さく、狭くなってしまいました。
以前は五段重ねの大きな祭壇を背にして尼僧様がお二人ツボを決めていました。
ヤイトする人はツボが決まると、「お線香おばさん」に手を取られて、一段低い床張り
の広間へ降りて、横木が並んだところへ座ります。この広間は30~40人が座れました。

4~5年後、再び行ってみるとヤイトの広間は半分ほどに狭くなっていました。
以前10人以上いたお線香おばさんも半分ほどしかいませんでした。ヤイトを据える
人が少なくなってしまったのです。

今回行ってみたら、ヤイトの部屋はさらに狭くなっていました。昔の大きな祭壇は三段
重ねになって、広間の西側に右から左へ飾られていました。祭壇の前に用意された座布団は5~6人分しかありませんでした。尼僧様がお一人でツボを決めていました。ヤイトする人はすぐ前にある座布団に座ります。二人だけになった「お線香おばさん」がすぐに火をつけていました。ヤイト据える皆さん、70~80歳くらいの高齢の方ばかりです。
時代の流れなんでしょうね、打膿灸が先細りなのを実感しました。

―――内藤照子さん、というわけで谷九(谷町九丁目)の無量寿さんは、ヤイト据えはってますよ。でもとても淋しい雰囲気です。



[993] 無量寿さん

投稿者: Achichino 投稿日:2017年 4月19日(水)11時11分26秒   通報   返信・引用

5月の初めに奈良へ用事があります。つでに時間をとって大阪
へ回って3日か4日に無量寿さんへ寄ってみます。どなたか
若い女性がやいとを据えに入ってくれたら、私もやいと据えに入ります。
ーーだけど最近は千年灸が普及してしまって、打膿灸据える人ほとんどいないんです。
やいと文化が終わりつつあるのでしょうか?



[989] Re: Q太様

投稿者: Q太 投稿日:2017年 4月13日(木)19時03分53秒   通報   返信・引用 > No.986[元記事へ]

Kさん、Q太を憶えていて頂き有難うございます。Kさんのお尻の艾の焚火は如何だったでしょうか?熱かったですよね?う~ん、何か悪さをしたお仕置きかしらん?(@_@)

Kさんのご所望は、Q太がお継母様からお仕置きでお灸を据えられている写真ですか?いやはや…Q太はお尻を丸出しにしている写真は恥ずかしいのですぅ。。(ーー゛) あの写真は、Q太がHPを始めた頃、百万回「本当の話です!」と言うより写真を御覧じろと言う思いでした。当時は様々なHPが立ち上がり、妄想とリアルが入り混じっていましたから…。

こちらに集う方達の想いは、辛く厳しいヤイトの想い出にお仕置きとお母様の慈愛の心が籠っています。ところが、Q太の想いは実母の過酷だったお仕置きを元に、母性や温情の欠片も無い厳しい!厳しい!懲罰としてのお継母様のお仕置きになっています。「どんなに泣いても謝っても赦しませんよ!お仕置きはお仕置きです!」と言われて据えられるお灸!お尻の穴には非情にもお線香が入れられますぅ。。地獄とか言いようもありませんね。号泣

と言う事で、今は自らの発表の場が無いQ太で…写真はありませんが、最近は涅槃さんの「彼岸のお仕置き研究ブログ」に勝手にカキコさせて頂いています。「一人遊び」と「風俗奇譚と平牙人氏」の拍手をクリックするとQ太のコメントが読めると…。涅槃さん、ごめんなさい~!m(__)m

あらら、Q太とお継母様の出会いの話もですか?そりゃもう‥どうしても飛びっ切り厳しいお継母様を探していたQ太とお継母様との出会いは、一言で話せる筈は無いのですぅ。。。m(__)m



[985] 銀行の壁新聞

投稿者: 照代 投稿日:2017年 4月 9日(日)15時28分55秒   通報   返信・引用   編集済

もう55年ほど前の事でございます。
私が高校2年生になってすぐ、母に連れられて市電を乗り継ぎ大阪市内西区の本田(ほんでん)に行った時のことでございます。
関西では有名な都市銀行の支店があり、世話好きであった母が、地元にあった銀行からこの支店に口座をわざわざ移し作ってあげたのです。
お世話をしてあげたお嬢さんが今年この銀行に入行され、本田支店に配属されたからなのです。
当時は、銀行員は大変なエリート職で、本人の人柄、成績、容姿は勿論の事、家柄等も採用の条件に入っていたようで、身元調査もあり当然銀行側も新たな顧客、預金を大いに期待していたようで、営業職でなくともそれなりのノルマのようなものもあったと聞いていました。
母が窓口で手続きをしている間、あちらこちらを見回しておりますと壁に新人の紹介コーナーがあり、似顔絵や出身など、今で言えば個人情報なるものが書かれて掲示されていたのです。
あの当時学校の教室でよく貼ってあった「壁新聞」でありました。
今年のこの支店では2名の新人女子行員がいたようで、上手な似顔絵ですぐにその方が窓口で仕事をされている方と分かるようでした。
母が手続き中の窓口の方は「早苗さん」という方で、府下の有名なお嬢様学校を今年卒業され3月(当時は4月で無く卒業して間もなく)からここでお仕事をされているようでした。
これからどうぞよろしく、ということでご本人のいろんなことが書かれておりましたが、私はあるところで目が留まり動かなくなってしまいました。
好きなもの「お寿司」「すき焼き」嫌いなもの「やいと」とあったのです。
他に書かれていることは、全部忘れてしまいましたが「やいと」のところだけは、はっきりと覚えており大変な昂ぶりを感じたものでございました。
お母さまは優しい方だったようですが、女の子の躾だけは厳しく年に何回かは腰の殷の目とお尻にやいとを据えられ、高校の3年間は更に追加でやいとを据えられたようで、今まで生きていてやいとほど怖い嫌な(嫌いな)ものはない、と書かれておりました。
母が手続きを済ませて後ろから眺めているのにも気が付きませんでした。
母もどうやら気が付いたようで、私の顔を見てにたにたと笑みを浮かべておりました。
あの当時の娘さんにとって、別に珍しい事ではありませんでしたが、何とも言えない共感を持たせていただきました。


レンタル掲示板
455件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.